本文へスキップ

Kフロント株式会社は独自開発技術で環境関連から身近な雑貨品に至るまで様々な開発を行う会社です。

TEL. お問い合わせはこちら

〒525-0050 滋賀県草津市南草津5丁目2番8号

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

2017年9月7日
CATINUMシリーズの販売を開始しました。
2017年8月26日
当社ウェブサイトをリニューアルしました。

FAQ(お問い合わせいただいたご質問をもとに一部を挙げました)

製品関連

Q.CATINUMの風味変化に対する性能はどのような方法で確認していますか?

A.CATINUMシリーズの風味変化に対する性能は、味認識装置(味覚センサー)による客観的測定、及び独自の官能検査(2重盲検法など)による評価を総合して判断しております。

Q.CATINUMの風味変化に対する効果はどれ程持続しますか?

A.CATINUMシリーズの風味変化に対する性能の保持期間は、適切に洗浄及び保管をしていただければ半永久的に持続します。使用後は直ちに洗浄し、金属たわしや磨き、クレンザーなどの使用はお控え下さい。詳細については、製品に添付している取扱説明書をご覧ください。

Q.CATINUMの安全性について教えてください。

A.CATINUMシリーズは、通常販売されているステンレスと同じ製品です。したがって通常の使用においては安全性に問題はありません。

Q.ATINUMタンブラーの保温タイプはありませんか?

A.CATINUMタンブラーの保温(二重構造)タイプのラインナップは現在ございませんが、今後の販売は計画しております。現時点ではご愛用の保温タンブラーにCatinumマドラーを使用してご使用されることをお勧めします。尚、保温タンブラータイブの関連商品をご紹介することは可能です。

Q.CATINUMのタンブラータイプとマドラータイプの違いを教えてください。

A.どちらの製品も飲みものを注いだ後、軽く撹拌することで全体的にその効果が広がります。
タンブラータイプはタンブラー(カップ)自体に風味変化の機能性を持たせたもので、マドラ―等で飲みものをかき混ぜる手間を省けるという利点があります。
対してマドラータイプはマドラーに機能変化の機能性を付与しており、お好みのカップやグラス、タンブラーなどに注いだのみものをCATINUMマドラーでかき混ぜて頂くことで風味の変化をお楽しみいただけます。風味の調整という点においては、マドラータイプのほうがお好みの味に調整しやすいと考えております。
いずれにしてもCATINUMシリーズのタンブラータイプかマドラータイプをお選びいただくかは、お客様のお好みやライフスタイルに合わせたものをお選びいただくのがベストだと思います。

Q.CATINUMマドラーでかき混ぜた後味があっさりしすぎる気がするのですが。

A.撹拌する時間をまずは数秒程度から徐々に撹拌時間を増やしてお好みの味のポイントをお探しください。

Q.コーヒーを立てる際の水にCATINUMを通した水を使用して風味変化はありますか?

A.もちろんございます。CATINUMでコーヒーを楽しまれるユーザー様の多くは、珈琲を立てる際の水にCATINUMを通したものを使用することで立てたコーヒーが柔らかく舌触りの良いものになると大変好評です。

Q.CATINUM関連製品について、自社製品に加工していただくことは可能でしょうか?

A.一度ご連絡をお願いいたします。

Q.CATINUM関連製品について、OEM供給をしていただくことは可能でしょうか?

A.一度ご連絡をお願いいたします。

他にもご質問、ご不明な点等がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームへ


ナビゲーション

バナースペース

Kフロント株式会社

〒525-0050
滋賀県草津市南草津5丁目2番8号

TEL 077-567-8780
mail info@kfront.co.jp